2018年04月20日

我が源



楽しもかぁik_96  


Posted by おかっち at 09:15Comments(2)最近思う

2018年04月19日

「人に迷惑をかけるな」より

「上手に助けてもらえ」と

教えたほうがいいと思う。


  


Posted by おかっち at 08:40Comments(1)最近思う

2018年04月14日

光とオーラの違い

なんか最近まったくネタないんよなぁ・・・icon10

選抜チームもオフやし

なかなか野球も見にいけやんし

まぁ、こんな時もあろかえ・・・

ほんでね

こないだ本を読んでたら光をあてられる人みたいな事が書いてあったんよ

脚光を浴びるicon12

光ちゅうのは大きくなればなるほど影もできて、その影も大きくなる

光を浴びるのは気持ちええから、また光を浴びたいと何らかの行動をする

けどね

その大きくなった影の部分でどんな行動をするか

逆にオーラは影ができやん

人から浴びるものではなく

自分から放たれるもの

なんか色々と深く考えたちゅうんやれ

わかるik_19

なんか「らしさ」にヒントがあるような気がします

あー

焼肉食べに行きたいik_12


  


Posted by おかっち at 08:27Comments(0)最近思う

2018年04月05日

常駐させとけ!



女性は土俵に上がらないでください

女性は土俵に上がらないでくださいicon08

ほんで

運ばれた後に土俵に大量の塩やて・・・icon08

国技?

土俵は神聖な場所?

男の看護師や医師を何人も常駐させとけicon08icon08

なんのとまどいもなく土俵の上に上がり心臓マッサージを始めた女性

ほんま素晴らしいですicon12

ますます相撲ら観たくなくなったわface09
  


Posted by おかっち at 13:54Comments(2)最近思う

2018年04月04日

うらやましかったが

嫉妬心はない


響きましたicon12

うらやましいと言う感情からの行動と

嫉妬心からの行動は

あきらかに違うと思いますicon14

  


Posted by おかっち at 18:08Comments(0)最近思う

2018年03月29日

野球

野球の試合見たてしゃあないicon10  


Posted by おかっち at 08:39Comments(0)最近思う

2018年03月23日

球児

さぁまた今年も新たな高校球児がたくさん誕生する時期になりました

昨年の今頃を思い出しますicon12

子供がお世話になっていて思います

高校野球の時期はあっちゅうまです

人生の中でものすごく凝縮された濃い期間だと思います。

そしてここでの経験が人生の糧になるicon12  


Posted by おかっち at 08:36Comments(0)最近思う

2018年03月22日

いよいよ

いよいよはじまりますねik_79



凄く楽しみですicon12  


Posted by おかっち at 08:46Comments(0)最近思う

2018年03月20日

観方・考え方・捉え方

タイトルの三つを考えてたら

あんまり寝れやんかったicon10ik_05

もっともっと視野を広げたら

楽しみ方は無限大のような気がするのよ







  


Posted by おかっち at 09:00Comments(0)最近思う

2018年03月16日

当たり前のレベル

人間てねぇ、自分なりの「頑張る理由」がなければ、

継続的には頑張れない生き物ではないかと思ってるんよicon10

意志の力だけで自分をコントとロールすることは、

簡単ではないのではないと思うんよなik_95

そう思うと一番影響を受けやすいのは周りからの「環境の力」やと思うのよ

「今自分は頑張っているんだ!」という思いは、なかなか継続しにくいものやし

一方、「自分は普通のことをしているだけだ!」と思う事は簡単に継続できます。

高校球児が1日に何千回も素振りをする姿を見て、

周りの人は「頑張っているな~」と感心しても、

甲子園を目指す選手にとっては、それぐらいの当たり前のことをしている行為を

「頑張っている!」と思うような選手(チーム)はなかなか甲子園には行けないと・・・

自分のしていることを「大変なこと」と思うのか「当たり前のこと」と思うのかで、

継続できるかどうかが決まってくるように感じます。

自分がすることを「普通のこと」「大したことではない」と感じる一番簡単な方法は、

そういう環境に身を置いていくことだと思います。

「類は友を呼ぶ」という諺がありますが、似た者どうしでは、

普通や当たり前が多いので、一緒にいて楽なのです。

不平不満が日常の人にとっては、頑張る人と一緒にいると疲れるのです。

逆に、プラス思考の人がマイナス思考の人と話していると普段の何倍も疲れてしまうのです。

「悪貨は良貨を駆逐する」という諺がありますが、人というのは

いい影響よりも悪い影響の方が何倍も受けやすいものなのです。

前向きな言葉をかけるよりも、不平不満を述べる人の方が影響力があるものなのです。

無意識で生きれば、誰しも不平不満や言い訳をして楽に生きていきたいのを、

意識して前向きに生きているのに、安易にマイナスの言動を目にすれば

「自分も楽になりたい!!」と流されるのが人間なんだと思います。

だからこそ、自分の周りでネガティブな人や不平不満や言い訳が常の人は

排除していかなければいけないと思っています。

そして、周りにプラスの影響を与える人を増やしていかなければなりません。

「当たり前のレベル」を上げていくicon14


  


Posted by おかっち at 08:48Comments(0)最近思う

2018年03月13日

忙月

受験生のみんな昨日はお疲れ様でしたik_96

なんかここ数年

年末よりも年度末の三月のほうがバタバタするような気がしますicon10

仕事だけちごて

プライベートスケジュールも目白押しicon14

バタバタしながらも充実する月ですicon14

組合事では総会の準備

子供の事では高校野球解禁

2017WAKAYAMA YOSHIMURA選抜のご無沙汰~報告飲み会ik_12

消防団の慰労会ik_36

紀州ボーイズの全国大会出場もめっちゃ楽しみik_79



  


Posted by おかっち at 08:39Comments(0)最近思う

2018年03月07日

いよいよ

いよいよ

球春
ik_79ik_79  


Posted by おかっち at 09:38Comments(0)最近思う

2018年03月02日

らしさ

不幸になるのは簡単だ。自分が持っていないものに目を向ければいいだけだから。

逆に

幸せになるのも簡単だ。自分が持っていることに気づけばいいだけだから。


自分が持っていないものを求め続ければ、「不幸せな一生」になってしまいます。

幸せになりたければ、意識して自分が持っているものの価値に気づくしかありません。

鳥は空気の存在に気づかないし、魚は水の存在に気づいていないと思います。

幸せとはなるものではなく

感じるものやれ
ik_96

なんでも

らしさらしさ
  


Posted by おかっち at 08:36Comments(0)最近思う

2018年02月28日

発信のメリット

現在は情報の時代

ちょっと調べたい事があればネットで検索すれば

大抵の事は出てきますik_08

昨日、紀州オフィシャルブログでいこらブログで一位になったと書きましたが

ここ最近は全国的にもホームページやブログ、フェイスブックを開設しているチームが多くなっています

全国大会出場などを決めて抽選会が終わり対戦相手が決まると

まずはそのチーム名を検索したりしますよねface02

情報収集といった意味では、これも時代の流れだと思いますik_96

そしてSNSでの最大のメリット

それは選手のモチベーションを上げる

自チームの情報発信をする事で、

どんなチームかと言う事を幅広く発信できると言う事だと思います。

紀州ブログを一例にした場合

バッテリーの名前が載ります

長打を打った選手の名前が載ります

戦績が載ります。

ブログ内のサイドバーに「ブログ内検索」ってあるんやけど

たとえばそこに「岡野」と入力して検索したら「岡野」と書かれた記事のみが

ヒットしてきます。

どの試合で投げたか、どの試合で長打を打ったか

対戦チームの名前を検索にかけると

いつ、どの大会・練習試合で勝ったか負けたかも全てわかります。

現在は思い出を写真に残す事が少なくなってきた時代

10年後20年後に結婚して子供ができた時

現選手が「お父さん載ってるやろ」って見せてあげられるツールって

子供もモチベーション上がるし、励みにもなると思います。

ある選手がはじめて長打を打った時「やっとブログに名前が載りました」って喜んで

連絡をくれる保護者さんもちょくちょくいますface02icon14

また、新入部員を募集する際

野球体験などを実施して選手を募りますが

体験だけではわからない事もたくさんあると思います

どんなチームなのか

どれだけの選手がいるのか

どれだけの指導者さんがいるのか

チームの雰囲気

戦績

チームを宣伝すると言った意味でも素晴らしいツールだと思います

学童や選抜チームで関わった選手が色んなチームで活躍していますが

ホームページなどを通じて

その選手の活躍などをもっともっと知りたいなぁと思う事もしばしばありますface02






  


Posted by おかっち at 09:41Comments(0)最近思う

2018年02月23日

優先順位

貴方が人生に行き詰まってどうしていいか分からないと思う時

一日が24時間では足りないと思う時

マヨネーズの瓶とカップ2杯のコーヒーのことを思い出して下さい。

ある大学教授が哲学科の教室で生徒達の前に立っていました。

いくつかの品物を前に置いて。

授業の初めに教授は無言で、大きな空っぽのマヨネーズの瓶を取り上げその中にゴルフボールを入れ始めました。

瓶が一杯になった時、教授は学生達に、この瓶は一杯だと思うかと尋ねました。

学生たちは、そう思うと答えました。

次に教授は小石の入った箱を取り出して、

小石を瓶に移し、瓶を軽くゆすりました。

小石はゴルフボールとゴルフボールの隙間にはいりこみました。

そこでまた教授は学生達に、「瓶は一杯か?」とたずね、

学生たちは、「そうです。」と答えました。

続いて教授は砂の入った箱を取り出し、砂を瓶の中に入れました。

当然、砂は瓶の中の残っている隙間にはいりこみました。

教授はまた、「瓶は一杯か?」と尋ねました。

学生たちは異口同音に、「はい。」と答えました。

さらに、教授はコーヒーの入ったカップを二つ持ち出して、マヨネーズの瓶にそれを注ぎ込みました。

コーヒーは、砂の中に浸み込んで行きました。

学生たちは笑い出しました。

「さて、」笑いが収まるのを待って教授は話し始めました。

「この瓶を人生だと思ってごらん?

ゴルフボールが表わしているのは、大切なものだ。

家族とか、子供たち; 健康; 友達; 夢中になれるもの――

もし仮に、他のものが全部なくなっても、これさえあれば良いと言えるものだ。

小石はその外の比較的大事なもの、仕事とか、家、車などのようなものだ。

砂は、その他のいろんな物事―どうでもいいものだ。

もし、最初に砂をこの瓶にいれてしまったら、小石やゴルフボールの入る余地は無くなってしまう。

人生も同じことだ。

もし、どうでも良いような事に時間や労力をつぎ込めば

大事な物事の入る場所はなくなってしまう。

だから・・・

君たちは、自分にとって掛替えのないものに注意をしなさい。

子供たちと遊び

健康診断のために時間を作り

奥さんを連れて食事に出かけなさい。

家の掃除や、ゴミの始末は後で出来るさ。

先ず第一に、ゴルフボールをいれること

つまり、本当に大事なものを先にするのさ。

それさえちゃんとしておけば、後の物事は砂みたいに何所にでもはいるのさ。

一人の学生が手をあげて、コーヒーは何を表わしているのかと、尋ねました

教授は「良い質問だ」と、笑顔で答えました。

どんなに忙しくても

友達と一緒にコーヒーの一杯や二杯飲む時間ぐらい、その気になれば見つかると云う事さ。



  


Posted by おかっち at 08:24Comments(0)最近思う

2018年02月22日

「人生の質はコミュニケーションの質と比例する」ということを聞いたことがあります。icon12

人生の質とは、簡単に言うと「幸せ感」だと思っています。

コミュニケーションの質が充実している人ほど幸せだということだと思っています。

コミュニケーションには下記の3種類があると言われています。

1.言った人は気持ちがいいが、相手が嫌な気分になる


2.言った人が嫌な気持ちになって、相手はいい気持ちになる


3.言った人も言われた人も両方がいい気持ちになる



1.の例として、独り言やボヤキ、自慢話、威圧的な部下への注意、命令、等々


2.の例として、心にもないお世辞、言うべきことを言わないで我慢する、等々


3.伝えることがお互いにwin-winの関係になれる。言われた人が、

言った人の気持ちを理解できるコミュニケーション等々

人は誰しも自分のことが一番かわいいので、

常に自分を守ろうという防御反応的な気持ちが働きます。

家族ならまだしも、心を許していない他人なら特に、誰かの言動が、

自分を攻撃してくるのではないか?という恐れを抱きながら生活しています。


信頼関係が出来ている人の間では、言葉の中の「意味と価値」を省いても誤解が生じない場合もあります。

究極的には、長い夫婦関係で暗黙の了解で「アレ」「コレ」だけで意味が通じることもあります。face02

信頼関係が構築されていて、「この人が自分を攻撃してくるはずがない!」という安心感があれば、

言葉を省略しても意思疎通ができるのかもしれません。

しかし、多くの人間関係では、そこまでの信頼関係が出来ている場合の方が稀なんちゃうかなぁik_95

「信頼関係が築けている」と思うことは大切なことなのかもしれませんが、

それを相手に求めると、誤解の原因になってしまします。

自分が相手を信頼することは自分の意志でできます。

しかし、相手が自分を信用していると思うことは過信につながってしまいます。

相手も自分のことを信用してくれていると思えば、

どうしてもコミュニケーションの手抜きをしてしまいますが、

相手の信用を損ねていかないためにも、相手が自分のことを完全には信用していない、

と思うぐらいの気持ちでコミュニケーションしていくことが信頼関係の維持には必要なのかもしれません。

夫婦や親友との関係においても、「信頼関係が築けている」と思う

過信が少しづつコミュニケーションの省略に結びつき、誤解が生じることもあるのではないかと思います。

コミュニケーションの質とは、「何をするか?よりも何のためにするか?」

「何を言うか?よりもなぜそういうか?」に意識を向けていくことではないかと思います。
  


Posted by おかっち at 08:59Comments(2)最近思う

2018年02月08日

新たな環境

ぞくぞくと

「ここに入部することにしました」

「このチームにお世話になります」と報告が届いていますik_79

自らが選択した環境

頑張ってほしいですik_96

ゆうべテレビみてたらね

好きで一生懸命しているとそこには居場所ができる

って言葉を言ってました

まさしくそうだと思います。icon06

そしてそこに調和が生まれます

仲間もできます

己のみを考えていても何も生まれませんik_95

これからのみんなの活躍がとても楽しみですface02



  


Posted by おかっち at 08:09Comments(0)最近思う

2018年01月31日

まさしくこれ


  


Posted by おかっち at 11:27Comments(0)最近思う

2018年01月31日

チーム選び

学童もほとんどのチームが卒団式を終え

中学時代をどのチームで野球をしようか迷っている選手・保護者さんも多いと思います

おかっちも、たまに相談を受けたり

自身も数年前は色んな方に相談したり、お話を聞かせていただきました。

けど最近、立場も変わり状況をみていて感じる事がありますik_95

たとえば、Aと言うチームに興味があって、そのAと言うチームのОB保護者さんなどに

「Aと言うチームはどんなチームですかik_19いいですかik_19」と聞いたとしましょう

それで、「あかん、あかんやめといたほうがええで」とか

「おまえとこの子にはあのチームはあってない」と言う助言をいただいたとしましょう

そんな場合は、そのチームを疑ったり、疑問を持つ前に

助言してくれた方に疑問を持つべきだと思います。

その方に相談したと言う事は、その方の息子さんはそのチームを卒団しているはず

そのお世話になって、子供が最後までやりきったチームの事を否定的に伝えると言う事に疑問を感じます。

学童でも中学野球でも子供がそこで野球を志す事によって、親も新たな人間関係が発生します。

これは必然的なこと

そして、その新たな人間関係の中で、子供だけでなく親も成長していく環境だと思います。

保護者どうしの人間関係、首脳陣・フロントとの人間関係の中で

すべてが肯定的にとれることばかりではないと思います。

悩んだりもするでしょう、「なんで?」と思うこともあるでしょう

自分とこの子供にもっと出番を与えてほしいと思うこともあると思いますし

子供は子供で仲間と切磋琢磨し頑張っていても中々結果がでない選手もいると思います。

けどね・・・

卒団していると言うことは色んな経験をしながらもやりきったと言う証

その経験を今後、高校野球や社会人になった時にどう生かすかが重要であると思うのよ。

それを「あのチームはやめといたほうがええ」とか言ってしまうと

自分の子供が育った環境を否定してしまっているのと一緒だと思います。

「おたくの子にはあのチームは合っていない」と言う方もたまにいますが

あ・な・た・は・い・っ・た・い・だ・れ・?って思ってしまいます・・・

もう一つは、他のチームの批判をしたりしている人の話も半分に聞いておいたほうが

いいと思います。

他のチームの話というのは又聞きで、話が大きくなって伝わっている傾向があると思います。

保護者の当番がどうやの

遠征のたびにお金がいる、それが数千円から数万円に大きくなってたり

首脳陣を接待せなあかんなど・・・

やっぱり、どのチームでお世話になり、野球を続けるかの決断方法は

まず色んなチームに体験に行き子供がここで野球をやりたいと言う意志が第一優先で

そのチームの監督さんや代表さんに

疑問をすべてお聞きする。

そして、遠いチームや親が疑問に感じた場合は、子供にそのチームを否定して

違うチームをすすめるのではなく

親として違うチームの良さを伝えるのがベストだと思います。

子供が行きたがっているチームを否定して違うチームにいれると

壁にぶちあたった時に「お父さんがこのチームに行けって言うたからやん」と逃げ道を作ってしまうような

気がします。

おかっちが相談を受けたり聞かれたりしてまず言うのは

うちの子供、私たち家族にとっては最高のチームでした。

けど、うれしい事や楽しい事ばかりではなかったし、色んな感情を持った事もありました。

けど、今の子供と自分たちがあり、仲間がいるのは

あのチームで子供がやり切り、お世話になったおかげです。

だから、うちにとっては素晴らしいチームですが、他の人の思いはわからないとface02ik_70

入るときの決断力

そしてやり切った時の達成感

子供を信じて、自分を信じて、そして将来を想像したら

どこでやっても

きっと

おもろいik_96



  


Posted by おかっち at 09:21Comments(0)最近思う

2018年01月18日

そんたく

最近よく耳にする言葉

忖度

どうかよろしくik_70

うちの子をよろしくik_70

これで取引よろしくおねがいしますik_70

まぁ受け取る側もおるから成り立つんやけどな・・・icon10

たぶん、究極の忖度って

自然にできる挨拶やと思うik_96  


Posted by おかっち at 09:27Comments(0)最近思う