2018年07月04日

想い

さて1日から申し込みがはじまったわけですが

少子化で年々野球小僧現象の一途をたどっている中

昨年は30チームから81名もの野球小僧がエントリーをしてくださいました。

こらからたまーにセレクション開催日まで

お知らせや注意事項などをアップして行く予定ですのでチェックを欠かさずお願いいたしますik_75

その一発目として

下記の考えで私たちは行動しますik_08

①合否に関わらず、緊張感を持って素晴らしい経験になったと感じてもらえるセレクションを行います

②代表・フロントは首脳陣が選手の指導に徹底集中できるような環境を構築します

③首脳陣は最終目標を高砂ドリームカップ連覇を目標とし、それまでの過程で全選手には

 「ここだけのルール」を定め選手に落とし込み、練習、練習試合、交流試合において

 平等にチャンスを与え見極め高砂ドリームカップに挑みます


④オール六年生のチーム構成の中でこれからの野球人生で最も大切であろう全員野球の在り方を

 色んな立ち位置から選手だけでなく保護者の皆様にも意識して実行してもらえるようなチーム作りを目指します。


⑤五年間の先輩選手や関わってくださった保護者さん、応援してくださった皆様の意志や想いを受け継ぎ

 いままでの経験を活かして最強以前に最高の仲間づくりを目指します。


⑥選手、保護者様においては必ず自チーム優先行動を実施していただき、自チーム関係者の方にご理解を得たうえで

 セレクションに挑み、選ばれた選手、保護者様に関してはより一層謙虚に自チーム事に邁進していただくよう

 お願いします。


⑦ここに選ばれた保護者様は約半年間、我が子への期待より、まずはチームのファンになっていただき

 チームの成長の為に尽力していただくようお願いいたします

 適材適所・出来る人が、出来る時に、出来る事を一生懸命してくれればik_96です

頼まれ事は試され事を旨に


同じカテゴリー(和歌山中央ジュニア)の記事画像
毎年この時期に
練習
初陣
10月最後の
折り返し
応援準備
同じカテゴリー(和歌山中央ジュニア)の記事
 毎年この時期に (2018-11-15 10:14)
 練習 (2018-11-13 14:07)
 初陣の (2018-11-08 08:25)
 初陣 (2018-11-06 08:51)
 さぁいよいよ (2018-11-03 08:27)
 10月最後の (2018-10-30 08:51)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。