2018年05月15日

感動のプレー

高校野球の春季大会が終わりましたね

三年にとって夏の大会だけとなりました

おかっちは今大会田辺スポーツパークと紀三井寺に二回応援&観戦に行ってきました。

高校野球はやっぱり迫力があるし

凄いプレーもちょくちょくとびだしますik_80

けどね

そんな中でものすごく印象的だったのは

準々決勝でキャッチャーとランナーが交錯した際

相手チームにも関わらず一塁ランコーが猛ダッシュでキャッチャーところに走ってきて

「大丈夫?」と気遣いユニホームの土を払ってるのをみました。

そしてまた昨日の決勝戦でバッターが打ったライナーがピッチャーに直撃face08

その際も主審がタイムをかけると同時に一塁ランコーが

マウンドに猛ダッシュicon16

そして言葉をかけて気遣う姿勢

もうほんま感動で

この二度の出来事・・・

二度とも同じ選手だったんですicon14

この選手はバッターボックスに立つ際

ヘルメットまでとって主審に挨拶するのを知っています。

礼儀正しく相手を気遣う姿

かっこええ
icon14

赤い軍団の背番号9

ふうたの先輩であることを誇りに思います。icon12


同じカテゴリー(最近思う)の記事画像
組織
人生において
続ける・3年スパン6年スパン
我が源
いよいよ
優先順位
同じカテゴリー(最近思う)の記事
 文字からの学びと引き出し (2018-09-14 09:10)
 向き合う (2018-09-13 08:33)
 組織 (2018-08-31 09:54)
 振る (2018-08-12 08:18)
 理不尽との (2018-08-09 08:00)
 組織と自分の役割 (2018-08-08 09:26)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。