2017年08月29日

ありがとうございました

異例の82名の申し込みとあって

初の二日間の日程で行われた2017WAKAYAMA YOSHIMURA選抜セレクション

両日とも若干のicon03も心配されましたが

2016ОBの選手・保護者様だけでなく2015ОB保護者様、また軟連審判さんなどのご協力などもあり

予定通り、何一つ問題なく笠本コーチが組んでくださったタイムテーブル通りに

無事セレクションが終了いたしましたik_75

本当にご協力してくださいました皆様方ありがとうございましたik_75

最初におかっちから

このセレクションにチャレンジしてくださった82名の選手

このチームに興味を持ってくれてチャレンジしてくれたこと

ほんとうにありがとうface02icon14

一次は82名から45名になりました

そして昨日、45名の選手が二次にチャレンジしてくれたわけですが

今回、おかっちとまっくんは一次終了後にブログを通して

ちょこっとヒントを出していました

まっくんブログ

オーバーリアクションであったり

道具の手入れ、挨拶、声の大きさなどの内容をちょこっと書かせていただいていました

受付時で感じたことは

前回より声が大きな選手face02

大きな声で上手に言おうとチャレンジするも噛んでしまう選手ik_96

最近グローブの手入れをしたなと思われる選手icon12

そのままの選手face01

これもまた色々ありましたik_95







そしてセレクションがトライアウト方式でスタート

45名が走攻守にわかれての実践形式

ファインプレイをする選手、エラーする選手

ホームラン・ヒットを打つ選手もいれば三振する選手

これもまた色々ik_79ik_80

最終目標である高砂ドリームカップ優勝を設定したとき

この多くのギャラリーの前で、好守備であったりナイスバッティングであったり走塁であったり

技術面で結果を出せた選手は首脳陣の目にとまったと思います

しかしそれだけで言えば若干の見る方向の違いなどで

この選手もあの選手もと

45名の大半が20名枠に入るくらい

要所要所で結果を出し頑張っていたと言う内容の会議でした

けど私共は心を鬼にして選出しなければなりません

そこで明暗をわけたのが

セレクションと言う枠の中で何パーセントを占めるかはわかりませんが

ヒントの部分に隠されていたのかなとも思いますik_08

そういった事から

例年、それ以上に激しい首脳陣選考会議となりました

今年は、間違いなくポジション・スタメン競争が激化するでしょう

どんな位置にいようとお互いを認め合い、仲間意識を持ち

今、自分が何をしなければならないのか

何をどうしたらいいのかを常に考え

選手だけでなく、保護者の皆様もこれから起こり得るであろう出来事を

すべて肯定的にとらえ私たち首脳陣、フロントとともに選手も保護者も成長しあっていける

環境を構築していきたいと考えておりますik_75

正午を持ちまして

2017WAKAYAMA YOSHIMURA選抜合格者

今回は

22名の選手宅に

ご連絡させていただいた事をお知らせいたしますik_75

皆様、2週にわたり本当にありがとうございましたik_75





同じカテゴリー(YOSHIMURA選抜チーム)の記事画像
23日は
室内で
ユニホーム
アップ
初練習
いよいよ
同じカテゴリー(YOSHIMURA選抜チーム)の記事
 23日は (2017-10-20 08:51)
 応援練習 (2017-10-17 14:59)
 室内で (2017-10-17 09:25)
 予報・・・ (2017-10-12 08:22)
 2017メンバー紹介 (2017-09-27 13:09)
 さぁ (2017-09-27 09:08)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。