2017年06月21日

目標を

TAKASAGO DREAM CUPにエントリーをはじめてしたのが四年前

一年目は記憶にないですが

二年目から昨年まで毎年55名から60名の選手がセレクションに挑んでくれました。ik_80

その年の県大会常連チームからのエントリー

6年生が9名以上いるチームからのエントリー

六年生が3名から4名のチームからのエントリー

またまた六年生が1名しかいないチームからのエントリー

東は橋本 地元では那賀・海南海草

西は和歌山市

そして南からは有田・日高からと色んなところからチャレンジしてくださいました。

最初は

主催側もどれくらいの選手がこの場にチャレンジしてくれるのかだけが気になった時期もありました。

もちろん人数が多いほうが活気がありますし

普段は面識のない選手とのキャッチボールik_79

対戦したことのないピッチャーとの対戦ik_82

大勢のギャラリーの中でのバッティングik_80

そこにオール六年生という事ももあり

普段以上の大きな声

合否に関わらず「ほんま素晴らしい経験でした」 「あれだけの声があそこで出せたんやから自チームでも出るはずですわぁ」

などなど皆様から色んなお言葉を頂戴いたしました。

そして今年も首脳陣はじめ私たちの目的の1つとして

合否に関わらず緊張感を持って素晴らしい経験だったと言っていただけるセレクションを実施します

と掲げています

毎年ここに記させていただいている事ですが

ここで結果を残した選手から選ばれる事は間違いないですが

上手な選手に順番を付けて20人を選んでいるわけではありません

首脳陣が目指すところの野球に適材適所で選ばせていただいているわけで

挨拶や態度で合格した選手もいるかもわかりません

声の大きさで合格した選手もいるかもわかりません

足が速くで合格した選手もいるかもわかりません

三振してもこの状況でどちらに打とうかまで考えてバッターボックスに立っている選手を選んだ事もあったと思います

そしてここにチャレンジしてくれた選手に対して首脳陣も必死で判断し決断するわけで

だからこそ毎年セレ終了後の会議も奮闘します。ik_08

そんな経験と観点から

セレクションを受けて緊張感のある場を経験する事を目的とするのではなく

自分の持っているもの全てを出しきり絶対に合格すると言う事を目標としてほしいです
ik_75

こないだ首脳陣との会議でコーチが言ってました

「あかん子ら1人もいてないんやれ」ってicon11

そんな価値観を持った首脳陣には定められた人数の選手を選ばなくてはならないと言う一番やりたくない役目があります。

セレクションを受けると言う事を目的とするのではなく、絶対に合格するぞと言う事を目標とした時

当日まで自分は何をしなければならないのか

素振り、走り込み、怪我をしない、キャッチボール

することはたくさんあると思います。

そして合否に関係なく、セレ日までやってきた事は自チームに必ず活かせるはずですicon14

そこではじめて素晴らしい緊張感のあるセレクションに参加させていただけたと言う価値観が生まれるのではと思います。

チャレンジしたくても遠くて行けない選手

自チームの練習が月曜日でチャレンジできない選手

両親の仕事の関係で合格してからもどうしても無理な選手

自チームから了承を得れない選手

チャレンジしたくてもできない選手もいると思います。

そんな選手の気持ちも旨に

そして応援してくれるお父さん、お母さんの為に

全力で自分のオンリーワン的要素を最大限にアピールし

合格するぞ!と言う事を目標に掲げチャレンジしてください

参加者が20名、もしくは20名に満たない場合はセレクションは実施されません

そしてもう一度いいます

あかん子ら1人もないれ by Nface02







同じカテゴリー(YOSHIMURA選抜チーム)の記事画像
一ヵ月をきり
グラコン
地方紙に
加速
今書いとこ
10月最後の
同じカテゴリー(YOSHIMURA選抜チーム)の記事
 一ヵ月をきり (2017-11-21 09:10)
 グラコン (2017-11-17 08:24)
 準備で (2017-11-16 08:38)
 地方紙に (2017-11-11 08:21)
 加速 (2017-11-09 08:42)
 今書いとこ (2017-11-07 01:44)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。